子テーマを設定してみました。

利用しているテーマのアップデートがあると、個別に設定してあるモジュールやコードがリセットされたりします。
使っているテーマの子テーマを作って、子テーマのstyle.cssを編集することにすれば、テーマのアップデートは気になりません。

1)ローカルにstyle.cssとfunctions.phpを作成
2)参考サイトを見ながら、ファイルを編集
3)各テーマと同じ場所にフォルダー作成 例)twentyten-child
4)作成したフォルダにstyle.cssとfunctions.phpをアップロード
5)外観テーマで作成した子テーマのフォルダ名が表示されれば成功

参考にしたサイト
wordpress子テーマの作り方!style.css・各テンプレートファイル・function.php の設定手順

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Google アナリティクスで利用できるようにする。

QHMからWordPressに移行したらGoogle アナリティクスの設定もしておきます。

今までGoogle アナリティクスを利用していたのなら、管理→トラッキング情報→トラッキングコードのグローバル サイトタグ(gtag.js)をheader.phpに貼るだけです。
貼る場所はの直前です。

このサイトを参考にさせて頂きました。

WordPressでGoogle Analyticsを導入する方法【初心者向け】

photo by: denharsh
カテゴリー: 未分類 | コメントする

サイト全体のフォントを変更

テーマには、もともと設定されているフォントでは、文字が読みにくいとか、サイト全体があか抜けない(ダサイ?)ことがあります。
そこで、フォントを修正してみます。フォント修正には、2種類の修正方法があります。

1)サイト全体のフォントを変更

2)選択した文字だけ修正

サイト全体のフォントを変更は、
ダッシュボード→外観→テーマの編集でスタイルシート (style.css)を編集します。
font-familyと書かれている箇所を修正しました。

元ひきこもり主婦が在宅PC1台で子供の留学費用を稼ぐ現旅行人ブログの
ワードプレスブログの文字フォントを変更して印象をガラっと変える!スタイルシート (style.css) の編集方法」を参考にさせていただきました。

選択した文字だけ修正
これは、プログインを使います。
まだ、使いやすいプラグインが見つからないので、今回は設定してありません。

photo by: tarrytown
カテゴリー: WordPress | コメントする

QHMからWordPressへ・・

QHMのサイトをWordPressに移行する作業です。

wordpress +α スクールというサイトであっさり移行できました。
有料サービスは違いますね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

コメントアウト(非表示の設定)

WordPressの固定ページで、すでに入力してあるテキストを非表示にする方法です。

何かのページの複製をもとに、新しいページを作る場合、後から編集するために、作成メモを残したり、
元のページのテキストを残したい場合があります。
文字を削除するのではなく、非表示する場合は、HTML構文を書くのですが・・・・・
文頭で「//」を書いたり「/p」とかで簡単に非表示にしたいですね。Googleで調べてみました。

修正するファイル functions.php
functions.phpの場所は・・・
【外観】⇒【テーマ編集】⇒【テーマのための関数(functions.php)】

functions.phpに以下のコードを追加
//コメントアウトのショートコード
function overrule_shortcode( $atts, $content = null ) {
return null;
}
add_shortcode(‘overrule’, ‘overrule_shortcode’);

ページ内で非表示にしたい場所を以下のように囲います。

このサイトを参考にさせて頂きました。
非表示にする

カテゴリー: WordPress | コメントする